• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

藤原行成の解説 - 小学館 大辞泉

[972~1028]平安中期の公卿・書家。名は「こうぜい」とも。伊尹 (これただ) の孫。三蹟の一人で、その筆跡を歴任した権中納言・権大納言から権跡 (ごんせき) という。和様書道の完成者で、世尊寺流の祖。日記に「権記」がある。遺墨「白氏詩巻」「本能寺切 (ほんのうじぎれ) 」など。