毛筆によって書の美を表そうとする芸術。中国で古くから発達。日本に伝来し、平安時代に草仮名がつくられたことと相まって独自の発展を遂げ、世尊寺流持明院流定家流青蓮 (しょうれん) 院流などの流派が生じた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫