• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

能阿弥の解説 - 小学館 大辞泉

[1397~1471]室町中期の画家・連歌師。阿弥派の祖で、三阿弥の一人。真能とも称した。号、秀峰。将軍足利義教義政に仕えた同朋衆で、水墨画・連歌・花道・香道のほか、唐物の鑑定や屋敷飾りなどで活躍。「君台観左右帳記 (くんだいかんそうちょうき) 」の著者と伝える。作「白衣観音図」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉