脇坂安治の解説 - 小学館 大辞泉

[1554~1626]安土桃山・江戸初期の武将。近江 (おうみ) の人。通称、甚内。賤ヶ岳の七本槍の一人。豊臣秀吉に仕えたが、関ヶ原の戦いで徳川方に通じ、伊予大洲5万3千石に封ぜられた。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉