[名](スル)
  1. 書画・骨董 (こっとう) ・刀剣・資料などの真贋・良否などを判定すること。目利き。「筆跡を鑑定する」

  1. 物事を判断すること。また、その判断。

    1. 「ねぼけてあんな珍語を弄するのだろうと―したから」〈漱石吾輩は猫である

  1. 裁判所から指示された事項について裁判官の知識を補充するために、学識経験者が専門的な意見・判断を述べること。

出典:青空文庫

出典:gooニュース