西行の解説 - 小学館 大辞泉

[1118~1190]平安後期の歌人・僧。俗名、佐藤義清 (さとうのりきよ) 。法名、円位。鳥羽院北面の武士として仕えたが、23歳で出家。草庵に住み、また諸国を行脚して歌を詠んだ。家集「山家集」。新古今集には94首が載っている。
《西行が諸国を遍歴したところから》諸国を歩き回ること。また、その人。

出典:青空文庫