《「かりな」の音変化》「かな(仮名)」に同じ。

「真名 (まんな) のすすみたる程に、―は、しどけなき文字こそまじるめれ」〈・梅枝〉

出典:青空文庫