• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

余分なこと。また、分に過ぎたこと。

「―をぞ思ひてのたまふ」〈・真木柱〉