[名]
  1. そば。すぐ近く。「―のいすに腰かける」

  1. (「…のかたわら」の形で)端に寄った所。「道の―にたたずむ」

  1. (接続助詞的に用いて)主となることをする一方。合間に。「学校に通う―家業を手伝う」

  1. 側面。物の脇。

    1. 「頭ごとに各 (おのおの) 石松 (いはまつ) あり、ふたつの―に山あり」〈神代紀・上〉

[副]あることをする一方では。その合間に。「会社に勤めて、―小説を書く」

出典:青空文庫