かたなの下。白刃のもと。

「商―に斃る」〈服部誠一・東京新繁昌記〉