1. 物事を始める手がかり。糸口。また、原因や動機。「事態打開の切っ掛けをつかむ」「ふとした切っ掛けで知り合う」

  1. 歌舞伎などの舞台で、俳優の出入り、音楽・照明の変化などの進行上の合図となる動作やせりふ。「下座 (げざ) に切っ掛けを渡す」

  1. 符号。しるし。

    1. 「けいこ本の所々へ〇 (まるいもの) や△ (うろこ) や、色々な―をして」〈滑・浮世床・初〉

  1. 気勢。心意気。

    1. 「男の―を外すまじきとて」〈甲陽軍鑑・一六〉

出典:青空文庫