• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

刈ったあとに残った草木の根。和歌で多く「仮寝」にかけていう。

「難波江の葦 (あし) の―の一夜故みをつくしてや恋ひ渡るべき」〈千載・恋三〉