• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ガンやカモなどの水鳥のひなを慈しんでいう語。

    1. 「鳥座 (とぐら) 立て飼ひし―巣立ちなば真弓の岡に飛び帰り来 (こ) ね」〈・一八二〉

  1. ガンの卵。また広く鳥の卵をいう。

    1. 「三月 (やよひ) 晦日方 (つごもりがた) に、―の見ゆるを」〈かげろふ・上〉