• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《形容詞「いさおし」の名詞化か》「いさお」に同じ。「―をたたえる」

「此難事業に全然の―収め得たる画工が」〈漱石草枕

[形シク]

  1. 勇ましい。雄々しい。

    1. 「里坊 (さとまち) の百姓 (おほむたから) の清く正しく―・しき者を取りて充てよ」〈孝徳紀〉

  1. 勤勉である。

    1. 「其れ如此 (これら) の人は皆君に―・しきこと無く」〈推古紀〉

  1. 功績がある。手柄がある。

    1. 「天皇 (すめらみこと) 、厚く野見宿禰 (のみのすくね) の―・しきを賞めたまふ」〈垂仁紀〉