• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名・形動]すぐれて他からぬきんでていること。また、そのさま。
    1. 「豪邁―にして、…益々家学を弘む」〈田口日本開化小史

    2. 「宝祚の護持を致す事、諸寺に―せり」〈太平記・一五〉
[ト・タル][文][形動タリ]この上なく、すぐれているさま。
    1. 「―たる将帥となり」〈中村訳・西国立志編