1. 生物が生きていくためのもとの力となるもの。生命。「命にかかわる病気」「命をとりとめる」「命ある限り」

  1. 生きている間。生涯。一生。「短い命を終える」

  1. 寿命。「命が延びる」

  1. 最も大切なもの。唯一のよりどころ。そのものの真髄。「命と頼む」「商売は信用が命だ」

  1. 運命。天命。

    1. 「年ごとにあひ見ることは―にて老いの数そふ秋の夜の月」〈風雅・雑上〉

  1. 近世、遊里などで、相愛の男女が互いの二の腕に「命」の一字、または「誰々命」と入れ墨をすること。また、その文字。