[名]《「おおけさ」とも》
  1. 大きな袈裟。

  1. 刀などで袈裟がけに人を斬ること。

    1. 「肩先より背骨まで、―に切り放せば」〈浄・浪花鑑

[形動][文][ナリ]物事を実質以上に誇張するさま。また、誇張されたさま。おおぎょう。「大袈裟に驚いてみせる」「大袈裟な飾りつけ」

出典:青空文庫