1. 深山に住むという妖怪。山伏姿で、顔が赤くて鼻が高く、背に翼があり、手には羽団扇 (はうちわ) ・太刀・金剛杖を持つ。神通力があって、自由に飛行するという。鼻の高い大天狗烏天狗などがある。各地に天狗にまつわる怪異な話が伝承されており、山中で起こる種々の不思議な現象は、しばしば天狗のしわざであるとされる。

  1. 1が鼻の高いところから》自慢すること。うぬぼれること。高慢なこと。また、その人。「天狗の鼻をへし折る」「釣り天狗」

  1. 《「てんく」とも》落下の際に大音響を伴う、非常に大きな流星。天狗星 (てんぐせい) 。