• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 女たち。現在では、見下した言い方に用いる。

  1. (へりくだった言い方)自分の妻。

    1. 「―のみやげに、たから物を一つかひとってくだる程に」〈虎明狂・鏡男〉