[名・形動]あやしくて普通ではないこと。また、そのさまや、そのようなもの。
  • 「如何なる画にも彫刻にもない、―で凄惨なものであった」〈露伴・連環記〉

出典:青空文庫