• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

役所や業界団体などが改革に強く反対し、緩和や撤廃が容易にできない規制。

[補説]1980年代以降、経済成長の観点から多様な分野で規制緩和が行われた中で、既得権益を持つ関係者の強い反対にあって問題の解決が後回しにされた規制を特に言い、医療・農業・教育・雇用などの分野にみられる。