• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 弓と筆。文武。「―の道」

  1. あとにとどめておくべき武者の記録。

    1. 「後記にも佳名をとどむべき―の跡なるべけれ」〈謡・八島