[名](スル)
  1. 将来のために物事を書きしるしておくこと。また、その書いたもの。現在では、文字に限らず、映像や音声、それらのデジタルデータも含んでいう。「記録に残す」「実験の記録」「議事を記録する」

  1. 競技などで、数値として表された成績や結果。また、その最高数値。レコード。「記録を更新する」

  1. 歴史学・古文書学で、史料としての日記や書類。

出典:gooニュース

出典:青空文庫