香川県高松市北東部にある半島。溶岩台地で、南北2嶺があり、南嶺に屋島寺がある。もとは島で、源平屋島の戦いの古戦場。
観世流以外は「八島」と書く)謡曲。二番目物世阿弥作とされる。平家物語などに取材。源義経の亡霊が旅僧の前に現れ、屋島の合戦の模様と修羅道の苦しみを語る。
幸若 (こうわか) 舞曲。謡曲の「摂待」と同材。屋島軍 (やしまいくさ) 。
地歌・箏曲 (そうきょく) 。の後半を詞章とする。安永(1772~1781)ごろ、名古屋の藤尾勾当が作曲。