• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 能の分類で、正式な五番立ての演能の際に二番目に上演される曲。多くは武将の霊をシテとし、修羅道の苦患 (くげん) を表現する。修羅物。

  1. 二番目狂言」に同じ。