生物分類学上の単位の一。必要な場合に、の間に設けられる。バラ科をバラ亜科・シモツケ亜科・ナシ亜科・サクラ亜科に分けるなど。

[名]
  1. 色の名。三原色の一つで、新鮮な血のような色。また、その系統に属する緋 (ひ) 桃色などの総称。

  1. 《赤ペンで直すところから》校正添削の文字や記号。赤字。「赤を入れる」

  1. 《革命旗が赤色であるところから》共産主義共産主義者の俗称。

  1. (「あかの」の形で)全くの、明らかな、の意を表す。「赤の他人」「赤の嘘」

  1. 赤信号」の略。

  1. 赤字2」の略。

  1. 赤短 (あかたん) 」の略。

  1. 赤味噌 (あかみそ) 」の略。

  1. 《「あかがね」の略》銅。

  1. 10赤米 (あかごめ) 1」の略。

  1. 11 赤小豆 (あかあずき) をいう女房詞。あかあか。

[接頭]名詞に付いて、全くの、明らかな、の意を表す。「赤裸」「赤恥」
  1. 汗・脂・ほこりなどがまざり合って皮膚の表面につく汚れ。「垢を落とす」

  1. 水中の含有物が器物などに付着したもの。水あか・湯あかなど。

  1. 心身に宿ったけがれ。「俗世の垢」

  1. 欠点。未熟さ。

    1. 「稽古の劫 (こふ) 入りて、―落ちぬれば」〈花伝・三〉

《仏語の「閼伽 (あか) 」から出た語という》船底にたまった水。船湯 (ふなゆ) 。あかみず。

(梵)arghaの音写。価値の意。功徳水 (くどくすい) と訳す》

  1. 仏に手向ける水。閼伽水 (あかみず) 。閼伽の水。

  1. 仏前に供える水を入れる器。閼伽坏 (あかつき) 。閼伽器。

俗に、「アカウント2」の略。「アカを取る」