1. 五十音図タ行の第4音。歯茎の無声破裂子音[t]と母音[e]とからなる音節。[te]

  1. 平仮名「て」は「天」の草体から。片仮名「テ」は「天」の初3画から。

[名]
    1. ㋐人体の左右の肩から出ている長い部分。肩から指先までをいう。俗に動物の前肢をいうこともある。「―を高く上げる」「袖に―を通す」「―の長い猿」

    2. ㋑手首、手首から指先までや、手のひら・指などを漠然とさす。「―に時計をはめる」「火鉢に―をかざす」「―でつまむ」

  1. 器具などの部分で、手で持つようにできているところ。取っ手・握りなど。「鍋の―」「急須 (きゅうす) の―」

  1. 植物の蔓 (つる) をからませるための木や竹の棒。「竹をアサガオの―にする」

  1. 1のように突出して動くもの。「火の―が上がる」

  1. 実際に1のように作業や仕事を行うもの。

    1. ㋐労働力。人手。「―が足りない」「女―一つで子供を育て上げる」「男―」

    2. ㋑仕事をする能力。「―に職をもつ」

  1. 人が1を使ってすること。また、人の行為を漠然という。

    1. ㋐仕事。作業。「裁縫の―を休める」

    2. ㋑手数。手間。「―のこんだ細工」「―のかかる部下」

    3. ㋒他人に関与すること。「―出し」

    4. ㋓武器を使って傷つけること。転じて、戦いなどで受けた傷。「―負い」「深― (ふかで) 」

    1. ㋐文字を書く技法。筆法。転じて、書かれた文字。筆跡。書風。「人の―をまねる」「紀貫之 (きのつらゆき) の―」「女―の手紙」

    2. ㋑茶器などで、その手法になるもの。「三島― (みしまで) の茶碗」

    3. ㋒能楽・舞踊などの所作。手振り。「指す―引く―」

    4. ㋓音曲で、調子や拍子をとる手法。また、器楽の奏法。「合いの―」「―事」

    5. ㋔武芸などの技。「相撲の四十八―」

    1. ㋐勝負事などで、手中にあるもの。手持ちの札・駒など。手の内。「―を明かす」「相手の―を読む」

    2. ㋑囲碁・将棋などで、石や駒を打つこと。また、その打ち方。「堅い―で攻める」「先―」

  1. 事を行うための手段・方法。「きたない―を使う」「その―は食わない」「打つ―」

  1. 10

    1. ㋐所有すること。「人の―に渡る」

    2. ㋑支配下。監督下。「ライバル会社の―の者」「犯人の―から人質を救う」

  1. 11

    1. ㋐ある方面や方角。また、その方面の場所。「行く―をさえぎる」「山の―」「上 (かみ) ―」

    2. ㋑ある方面に配置した軍隊。「寄せ―の軍勢」「先 (さき) ―」

  1. 12 ある種類に属する人や物。「その―の品は扱わない」「厚― (あつで) の生地」

  1. 13 器物の左右に分かれた部分。

    1. ㋐几帳 (きちょう) などの横木。

      「几帳の―のさし出でたるにさはりて」〈・四九〉

    2. ㋑長旗のへりについている、竿 (さお) につけるための緒 (お) 。

      「互ひに旗の―を下ろして、東西に陣を張り」〈太平記・一五〉

    3. ㋒雁股 (かりまた) の矢じりの左右に突き出た部分。

      「―六寸、わたり六寸の大がりまた」〈保元・上〉

  1. 14 風采 (ふうさい) 。体裁。

    1. 「その跡から―のよき一連れ」〈浮・織留・四〉

  1. 15 江戸時代の雑税の一。山手野手川手など。

  1. 16

    1. ㋐その事物を機械などを用いないで作る意や、その人が自分自身でする意を表す。「―料理」「―打ち」「―づくり」「―弁当」

    2. ㋑その物が、持ち運びや取り扱いに容易な小型のものである意を表す。「―斧 (おの) 」「―帳」「―箱」

    3. ㋒その動作をする人、また特に、そのことにすぐれた人の意を表す。「嫁のもらい―」「語り―」「やり―」

[接頭]形容詞・形容動詞に付いて、その意味を強めるのに用いる。「―堅い」「―ぬるい」「―短」
[接尾]助数詞。
  1. 碁や将棋などの着手の回数を数えるのに用いる。「数―先をよむ」

  1. 矢2筋を一組みとして数えるのに用いる。

    1. 「鷹の羽にてはいだりける的矢一―ぞさしそへたる」〈平家・四〉

  1. 相撲の番数を数えるのに用いる。

    1. 「相撲出でて五―、六―ばかりとりて」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 舞の数を数えるのに用いる。

    1. 「一―舞うて東の方の賤しき奴ばらに見せん」〈義経記・八〉

[補説]作品名別項。→
[助動]《完了の助動詞「つ」の未然形・連用形》⇒[助動]

《助詞「って」が「ん」で終わる語に付く場合に用いられる》

[格助]って」に同じ。「今、なん―言った」「人間―ものは偉大な物だ」
[係助]って」に同じ。「山田さん―いい人ね」「それはいかん―、もう遅いよ」
[終助]って」に同じ。「そんなことはありません―」
[補説]は近世以降みられ、「夏は昼寝にかぎるて」のような「ん」に付かない言い方もあるが、現代語ではあまり用いられない。
[格助]《上代東国方言》引用の格助詞「」に同じ。
  • 「父母が頭 (かしら) 掻 (か) き撫で幸 (さ) くあれ―言ひし言葉 (けとば) ぜ忘れかねつる」〈・四三四六〉
[接助]活用語の連用形に付く。ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の音便形に付く場合は「で」となる。形容詞、形容詞型助動詞に付く場合は「って」の形をとることもある。
  1. ある動作・作用から、次の動作・作用へと推移・連続する意を表す。「学校に行っ―勉強する」「着替えをすませ―寝る」

    1. 「春過ぎ―夏来たるらし白妙の衣干したり天の香具山」〈・二八〉

  1. 原因・理由を表す。…ので。…ために。「頭が痛く―寝ていた」

    1. 「老いかがまり―室 (むろ) の外 (と) にもまかでず」〈・若紫〉

  1. 手段・方法を表す。「歩い―通学する」「泣い―抗議する」

  1. 時間の経過を表す。「卒業し―五年になる」

  1. 並立・添加を表す。「雨が降っ―風が吹く」「大きく―甘い柿」

    1. 「昔、男臥し―思ひ、起き―思ひ」〈伊勢・五六〉

  1. 逆接を表す。「わかってい―答えない」「見―見ぬふり」

    1. 「昔、男身はいやしく―、いとになき人を思ひかけたりけり」〈伊勢・九三〉

  1. (「…て…て」の形で)強調の意を表す。「売っ―売っ―売りまくる」

  1. (「…について」「…に関して」「…に関して」「…にとって」などの形で)次の動作・作用の行われる事態・状況・関係事物などを提示する意を表す。「この問題に関し―触れるならば」「我々にとっ―大事なことは」

  1. 補助動詞に続けて、動作・作用の内容を具体的に示す意を表す。「思い出し―みる」「嫌になっ―しまう」

    1. 「五条なる家たづね―おはしたり」〈・夕顔〉

  1. 10 連用修飾語を作り、状態・様子を表す。

    1. 「いといたく面痩 (おもや) せ給へれど、なかなかいみじくなまめかしく―、ながめがちに音 (ね) をのみ泣き給ふ」〈・夕顔〉

[終助]活用語の連用形に付く。ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の音便形に付く場合は「で」となる。形容詞、形容詞型助動詞に付く場合は「って」の形をとることもある。
  1. 質問や確かめの気持ちを表す。「あなたにもでき―」「いらしたことあっ―」

  1. (「てよ」の形で)話し手が、自分の判断や意見を主張する気持ちを表す。「私にはあなたの気持ちよくわかっ―よ」「とてもすばらしくっ―よ」

  1. 依頼、軽い命令を表す。…てください。…てくれ。「早く来―」「私にも見せ―ね」

  1. (形容詞・形容詞型助動詞に付いて)気持ちの高まりを表す。…てたまらない。「とても寂しく―」「推理小説を読んだので怖く―」

[補説]は、くだけた表現、うちとけた会話に用いられる。いずれも接続助詞「て」によって導かれる文を表現しない言い方で、本来の質問・主張・命令などに比べると柔らかく、婉曲 (えんきょく) な表現になっている。12は女性専用語。
[語素]動詞の連用形や形容詞の語幹などに付いて、そのような風 (かぜ) である意を表す。「追い―」「疾 (はや) ―」

高村光太郎による彫刻作品。大正7年(1918)制作のブロンズ塑像 (そぞう) 。東京国立近代美術館所蔵。