1. 中世、川を往来する船に課した通行税。→山手 (やまて) 2

  1. 川に近い辺り。川の方面。

    1. 「官軍すでに間近くなれば、山手―の前後の備へ、十重二十重にとりまいて」〈浄・用明天王

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫