故郷をなつかしく思いやること。懐郷。思郷。「望郷の念にかられる」

[補説]作品名別項。→望郷
池谷信三郎の小説。大正14年(1925)発表。自身のドイツ留学の体験を描き、「時事新報」の懸賞小説に当選、同紙に連載される。
(フランス)Pépé le Moko》フランス映画。ジュリアン=デュビビエ監督による1937年公開の白黒作品。アルジェのカスバを舞台に、ジャン=ギャバン演じる悪党ペペ=ル=モコが、故郷フランスを思い起こさせる女性ギャビーに惹かれ、破滅していく姿を描く。
東郷青児による油絵。古代遺跡風の建造物を背景に、目を伏せスカーフをまいた少女が風に吹かれて立つ姿を、グレーを基調として描いたもの。昭和34年(1959)の作品。第5回日本国際美術展に出品し、大衆賞を受賞。東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館蔵。ノスタルジア。
三浦朱門の小説。昭和62年(1987)刊行。

出典:青空文庫