[動ガ五(四)]《名詞「つむ(錘)」の動詞化》
  1. 綿や繭 (まゆ) を錘 (つむ) にかけて繊維を引き出し、縒 (よ) りをかけて糸にする。「糸を―・ぐ」

  1. (比喩的に)言葉をつなげて文章を作る。多く、物語や詩歌などを作ることをいう。「思いを五・七・五の言葉に―・ぐ」

[可能]つむげる

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

出典:gooニュース

出典:青空文庫