[動カ五(四)]

  1. (泣く)

    1. ㋐悲しみ・苦しみ・喜びや痛さなどをおさえることができず、声をあげたり、涙を出したりする。「うれし泣きに―・く」「大声をあげて―・く」「話に感動して―・く」

    2. ㋑身にしみて、つらい思いをする。苦労を経験する。「悲運に―・く」「悪天候に―・く」

    3. ㋒無理や損を知りつつ承知する。権利をあきらめたり、しかたなく身をひいたりする。「ここは一つ君に―・いてもらおう」

    4. ㋓実際の内容と隔たりが大きく、それと名乗るのがはばかられる思いがする。「看板が―・く」「名門校の名が―・く」

    5. ㋔染色や加工のとき染料が隣の色や白地の部分に浸出する。

  1. (鳴く・啼く)鳥・虫・獣などが声を出す。「虫が―・く」「蛙がやかましく―・く」「雉 (きじ) も―・かずば撃たれまい」

  1. (鳴く)物がきしんで音を立てる。「急カーブでタイヤが―・く」「砂が―・く浜」

  1. (鳴く)マージャンで、他の人の捨てた牌 (パイ) を碰 (ポン) 槓 (カン) する。または、左隣の人の捨てた牌を吃 (チー) する。

[可能]なける

出典:青空文庫

出典:gooニュース