1. ある地方だけで歌われている俗謡。土地の歌。

  1. 三味線声曲の一種。江戸初期に発生。上方 (かみがた) を中心に、盲人音楽家によって伝承され、生田流箏曲 (そうきょく) と結びついて、家庭音楽としても普及した。上方歌。法師歌。京歌。

[補説]書名別項。→地唄

和歌の百首などで、趣向をこらすことなく軽く詠んだ歌。平凡な歌で秀歌を際立たせる働きがあるところからいわれる。