• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. その翌朝。あくる朝。ごちょう。

    1. 「―、蔵人 (くらんど) 左衛門権佐 (ごんのすけ) 定長、太政入道の宿所に参じて」〈盛衰記・一三〉

  1. 男女が共寝した翌朝。きぬぎぬ。ごちょう。

    1. 「―の心を詠める」〈金葉・恋上〉