• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「ただひと」》

  1. 普通の人。常人。凡人。

    1. 「げに―にはあらざりけりとおぼして」〈竹取

  1. 天皇や皇族に対して、臣下の人。

    1. 「二条の后のまだ帝にも仕うまつり給はで、―にておはしましける時」〈伊勢・三〉

  1. 官位の低い人。貴族に対して、身分の低い人。

    1. 「―の、上達部 (かんだちめ) の北の方になり」〈・二三六〉

  1. 世俗の人。俗人。僧に対していう。

    1. 「聖人…初め、―にましましける時には」〈今昔・四・二四〉