• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

たいした風もないのに立つ波。変わりやすい人の心、軽々しい行為などをたとえていう語。

「音にだに立てじと思ひし―のあだなる名をも流しつるかな」〈新葉・恋二〉