• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「おいえさま」の音変化》上方で、中流以上の商家の主婦を敬っていう語。

「―にもお目にかからうと存じ、参りました」〈浄・氷の朔日