[名](スル)納得がいかず、けげんに思うこと。
  • 「少年の頃に、浮世を―し、厭嫌するの情起り易きは」〈透谷・厭世詩家と女性〉

出典:青空文庫