• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北村透谷の解説 - 小学館 大辞泉

[1868~1894]詩人・評論家。神奈川の生まれ。本名、門太郎。自由民権運動に加わった後、「楚囚之詩」を発表。島崎藤村らと「文学界」で活躍。近代ロマン主義文学の中心となったが、自殺。長詩「蓬莱曲 (ほうらいきょく) 」、評論「厭世詩家と女性」「内部生命論」など。

北村透谷の解説 - SOCKETS人物データベース

評論家
出生地
相模国足柄下郡
生年月日
1868年12月29日 やぎ座
没年月日
1894年5月16日(享年25歳)