北条実時の解説 - 小学館 大辞泉

[1224~1276]鎌倉中期の武将。義時の孫。引付衆評定衆を歴任して、執権を補佐。学問を好み、書籍を書写・収集して、晩年に建てた武蔵国金沢の称名寺に保管。蔵書は子孫によって一層拡充され、金沢文庫となった。金沢実時。称名寺殿。