• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

モンロー・ノイマン効果を利用した炸薬。円柱状の炸薬の先端に円錐のくぼみを付けて成形し、そこに金属製の内張りを装着したもの。くぼみの頂部から起爆すると、爆轟のエネルギーで液状化した金属が、開口している円錐の底から超高速で噴射される。HEAT等の兵器のほか、爆発圧接やビルの爆破解体などに用いられる。