• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《手の裏の意》てのひら。たなごころ。たなうち。

「―の内にこがねの大殿をつくらむといふとも」〈宇津保・忠こそ〉