[名](スル)ある手がかりをもとにおしはかって判断すること。
  • 「其道に明るい様な事を、此一反の銘仙から―して答えた」〈漱石

出典:青空文庫