[名・形動]気持ちが暗くふさぎこんでいること。また、そのさま。「暗鬱な表情」
  • 「てらてらとしたかの頭はしばし病室の―を照らしたのである」〈蘆花思出の記

出典:青空文庫