[名・形動]

  1. 偽りや見せかけでなく、実際にそうであること。また、そのさま。ほんと。「一見難しそうだが―は易しい」「うわさは―だ」

  1. 本物であること。正しい姿であること。ほんと。「―の絹を使ったブラウス」「彼こそ―の英雄だ」

  1. 本来の筋道であること。もともとの状態であること。また、そのさま。本途。ほんと。「からだがまだ―でない」「―なら先に行くところだ」

  1. (「本当に」の形で)はなはだしいこと、また心からそう思ったり感じたりしている気持ちを表す。ほんと。「―に惜しいことをした」「―にありがとう」

出典:青空文庫

出典:gooニュース