1. 本を読み、字を書き、また仕事をするために使う台。ふづくえ。「―に向かう」

  1. 飲食物を盛った器をのせる台。食卓。

    1. 「高坏 (たかつき) に盛り―に立てて母にあへつや」〈・三八八〇〉

[補説]歴史的仮名遣いは、従来「つきすゑ(坏据)」の音変化とし、「つくゑ」とされてきたが、平安初期の訓点に「つくえ」の表記があり、このほうが古い語形とされる。