[名・形動]

  1. 普通の程度から大きく外れていること。一方にはなはだしくかたよっていること。また、そのさま。「議論が―から―へ走る」「―な言い方」

  1. もののいちばんはし。

[派生]きょくたんさ[名]

出典:gooニュース

出典:青空文庫