[名・形動]《「いいびつ(飯櫃)」の音変化》
  1. 《飯櫃が楕円形であったところから》

    1. ㋐物の形がゆがんでいること。また、そのさま。「箱が―になる」

    2. ㋑物事の状態が正常でないこと。また、そのさま。「―な社会」「人間関係が―になる」

    1. ㋐「飯櫃 (いいびつ) 」に同じ。〈日葡

    2. ㋑楕円形。小判形。いびつなり。

      「―なる面桶 (めんつ) にはさむ火打ち鎌/惟然」〈続猿蓑

    3. ㋒金貨・銀貨などの小判。いびつなり。

      「五三桐九分づつ―六十目」〈洒・知恵鑑〉