• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

広瀬惟然の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1711]江戸前期の俳人。美濃の人。通称、源之丞。別号、素牛・鳥落人など。芭蕉の門人。師の没後、諸国を放浪。新奇軽妙な句風で口語調も試み、一茶らの先駆とされる。編著「藤の実」「二葉集」など。