• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「み」は動詞「み(廻)る」の連用形から。曲がりめぐること、また、そのようになっている地形》

  1. 舟で浦を漕ぎ巡っていくこと。

    1. 「藤波を仮廬 (かりほ) に造り―する人とは知らに海人 (あま) とか見らむ」〈・四二〇二〉

  1. 海岸の湾曲した所。うらわ。うらま。

    1. 「大和路の島の―に寄する波間 (あひだ) もなけむ我 (あ) が恋ひまくは」〈・五五一〉