• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 江戸時代の浮き具で、布袋に入れた漆塗りの木筒。大きいもの一つを背に、小さいもの二つを胸の左右にひもで連ねて身につけるようにしたもの。

  1. 馬につけると、自由自在に水上を走ることができると信じられていた架空の浮き具。うかびぐつ。

    1. 「神通自在の葦毛の駒、歴劫不思議 (りゃくこふふしぎ) の―はかせ」〈浄・女護島